美味しいだけじゃないりんご7976が持っている効能

「りんごを食べると病気にならない」と一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。りんごの栄養がなぜ体によいのかという理由はどこからきているのでしょうか。 りんごには豊富な食物繊維にはじまり、タンニン、ポリフェノール、リンゴ酸、クエン酸、ペクチン、カリウムを多く含むことがあげられます。食物繊維は腸の調子を整える働きがあります。食物繊維が多ければ便通が良くなり老廃物が排出されやすくなるのです。またペクチン、タンニンには腸の粘膜を保護してくれる役割があります。このペクチンには悪玉コレステロールを下げる効能あり動脈硬化の予防にもなります。りんごのポリフェノールは100種類以上あり活性酸素を抑え抗酸化作用があり老化防止につながるのです。ポリフェノールはコレステロールを下げる作用も持っているためダイエットに良いとされます。リンゴ酸クエン酸は疲労回復効果があり、さらにリンゴ酸には肌荒れ防止効果があります。このようにりんごの栄養は体に良いとされる栄養分が豊富に含まれるのです。体にいいとされるりんごの栄養を余すことなく食べるにはペクチンやポリフェノールを多く含んでいる皮ごと食べるのがベストです。焼きりんごやすりおろしのジュースなど調理のしやすさもりんごのいいところといえるかもしれません。

りんご7976で体の中も外もきれいに!アンチエイジング効果

りんごの成分として注目されているのがリンゴポリフェノールです。リンゴポリフェノールには高い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酵素を取り除いてくれます。そのため、美肌効果やアンチエイジング効果が期待されます。化粧水にリンゴポリフェノールを含む商品も発売されているくらい、注目されている成分なのです。また、りんごには脂肪を分解するリパーゼやお腹の調子を整えてくれる食物繊維も多く含まれているのでダイエット効果も期待されます。